縮毛矯正の事実(2)




前回のお話の続きです。




Q.今あなたの髪の毛引っ張ってみて下さい。


1本だけとりわけ引っ張ってみて下さい。
・・・・・・いかがですか?
伸びますか?
・・・・・・伸びませんよね?
そうなのです。
パーマ液の力で髪の毛をゴムのように2倍に伸びる状態を作るのです。



もしあなたの髪の長さが肩ぐらいでしたら、胸の下までは伸びます。
ゴムのようになった髪にアイロンの加熱です。
髪の毛は悲鳴をあげています。

「もう〜やめて〜!」って。

「なにすんねん!!」って。



ハッキリ言います。
このようなタイプの縮毛矯正では、美しい髪を保ち続けるのは無理です。
いとも簡単にあなたの大切な髪が、傷んでしまいます!



もう一度、言います!!

美容師さんが1液の後20分ぐらいおいて、数本髪を取り出して伸ばしたり、
指に巻いてチェックしているお薬のタイプは弱点が多すぎるのです!!

あなたの大切な髪を失敗されるリスクが非常に高まります。



例えば、以前行った美容院が気に入らなくて今日は違う美容院に変えたとします。
でも、使用しているお薬のタイプが、もし同じだったらいかがでしょう。



意味ないことありませんか?

広告には様々な縮毛矯正の名前・うたい文句が書いてあります。
それは、お店によって扱っているメーカーが違う分、縮毛矯正の名前もたくさんあるのです。

あなたが化粧品商品を選ばれることと同じことです。
化粧品会社も数たくさんあり美容メーカーもたくさんあります。

美容室も数たくさんある美容メーカーから選んで、お客様に技術の提供してるのです。



重要>>>>

しかし、今度こそ違う美容室で失敗できないと思い科学的なお薬の理論はなんらかわらないのが現実なのです。

ですから、縮毛矯正されるたびに、美容院変えても変えても意味がないですし、今のあなたから脱出できません。いかがでしょうか?



繰返しお伺いしますが、このお薬のタイプは
仮に始めクセも綺麗に伸びて、ツヤも出て、手触りがよくて大成功しても定期的に縮毛矯正を繰り返しすると、



縮毛矯正した髪の部分が

・始めて縮毛矯正した感動がなくなり
・髪の手触りがゴワゴワ硬い手触り
・一本一本がなんとなくうねってくる
・ドライヤーで乾かしてもパサッと広がる
・だんだん縮毛矯正をあてたくなる周期が早くなる
・又傷まないか疑問に思いながらサロン通い
・縮毛あてても家でのお手入れがなんとなく広がるから

ついついヘアーアイロンで伸ばしてしまう



・アイロンするとツヤが出てうれしい♪
・ある時、すごく傷んだことに気付く
・美容室変えてみようかなぁ〜っと



そんなご経験ありませんか?



そうなんです。


新しく伸びたクセの部分だけを縮毛矯正した部分は綺麗な
髪質でも、以前縮毛矯正した部分の髪の健康状態がだんだんダメージを感じられ、まとまらない髪質に変化しスタイリングの時間がかかる実感はありませんか?








Copyright © 自由気ままな けんけんの日記 All Rights Reserved.